Go to Contents Go to Navigation

習近平氏の訪韓「コロナ安定すれば推進」 中国側と一致=駐中韓国大使 

記事一覧 2021.10.06 13:18

【北京聯合ニュース】韓国の張夏成(チャン・ハソン)駐中国大使は6日、中国の習近平国家主席の訪韓に関連し、新型コロナウイルスの状況が安定し、条件が整い次第推進することで韓中間の認識が一致していると明らかにした。

張夏成氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 張氏はこの日、オンラインで行われた国会外交統一委員会の駐中国大使館に対する国政監査でこのように述べ、「中国側と意志疎通を続け、(習氏の訪韓に向けて)積極的に努力する」と話した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、任期1年目の2017年12月に就任後初めて中国を訪問したのに続き、19年12月にも韓中日3カ国首脳会談に出席するため訪中したが、その後の新型コロナウイルスの感染拡大により習氏の訪韓は実現していない。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。