Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の5歳未満児死亡率 19年で72%減=ユニセフ

北朝鮮 2021.10.06 13:47

【ソウル聯合ニュース】国連児童基金(ユニセフ)が6日までに公表した2021年版の「世界子供白書」によると、北朝鮮の5歳未満児の死亡率は2019年に1000人あたり17人だった。

北朝鮮の対外宣伝メディア「朝鮮の今日」が昨年6月に報じた豆乳を飲む子供たちの様子(同メディアのホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮の5歳未満児死亡率は、多くの餓死者が出た1990年代半ばから後半にかけての「苦難の行軍」が影響し、1990年の1000人あたり43人から2000年には60人に跳ね上がった。その後、経済がやや持ち直し、当局が乳幼児への栄養補給に力を入れたことで、死亡率は19年間で72%減少した。だが、韓国の5歳未満児死亡率(1000人あたり3人)に比べると依然として6倍近い。

 また、北朝鮮の5歳未満児の18%(2020年ベース)が栄養不足による発育阻害の状態にあることも明らかになった。

 北朝鮮の子供の栄養不良は国際社会からたびたび指摘されている。北朝鮮もこれを意識してか、最近は子供への栄養補給に一段と関心を向けている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。