Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「TPP加盟を積極検討」 中台の申請で戦略的関心高まる

記事一覧 2021.10.07 16:07

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は7日、環太平洋経済連携協定(TPP)加盟に関する製造業界との懇談会を開いた。産業通商資源部によると、同部の田允鍾(チョン・ユンジョン)通商交渉室長は冒頭、「中国と台湾の加盟申請によりTPPへの戦略的関心がこれまで以上に高まっている」としながら、「製造業の供給網(サプライチェーン)高度化、アジア・太平洋地域の通商秩序におけるリーダーシップ確保の観点から、韓国もTPP加盟をより積極的に検討する必要がある」と述べた。

9月30日に開かれたTPP対応に関する専門家の懇談会(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 懇談会に参加した製造業関係者らは、TPPへの加盟はメキシコとの自由貿易協定(FTA)締結に匹敵する効果が見込める上、ベトナムやマレーシアといった「新南方市場」の拡大により製造業界の輸出にも役立つと評価した。

 TPPは2018年12月に発効し、現在は日本やオーストラリア、メキシコなど11カ国が加盟している。中国と台湾が先月に相次いで加盟を申請したことで、アジア・太平洋地域の通商環境が急変しようとしている。

 韓国政府はTPP加盟に対する各業界の意見取りまとめを続ける。14日には半導体、バイオ、デジタル業界などを対象にTPPに関する懇談会を開く予定だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。