Go to Contents Go to Navigation

70歳未満の無症状・軽症感染者も自宅療養対象に 韓国政府

記事一覧 2021.10.08 14:36

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が新型コロナウイルスの感染対策と経済・社会活動を両立させる「ウィズコロナ」への転換に向け、在宅治療(自宅療養)の対象を入院の必要のない70歳未満の無症状・軽症感染者に拡大する。従来は未成年者または未成年の子供を持つ保護者などに限定していた対象を大きく広げ、医療機関の負担軽減につなげる。

政府は新型コロナウイルスの自宅療養の対象を従来から大幅に拡大する(イラスト)=(聯合ニュース)

政府は新型コロナウイルスの自宅療養の対象を従来から大幅に拡大する(イラスト)=(聯合ニュース)

 政府の中央災難(災害)安全対策本部は8日、保健福祉部の中央事故収拾本部からこうした内容を骨子とする自宅療養拡大策の報告を受けた。

 対策本部の李基日(イ・ギイル)第1統制官は自宅療養について、自治体がモニタリングチームを設け、協力医や協力医療機関を指定する形で感染者の健康を毎日モニタリングする計画だと説明した。容体が急変した場合などに備えて24時間対応の非常連絡体制を構築し、救急車など患者の移送手段も用意する。

 現在は全国17の市・道(広域自治体)が独自に計画を立てて自宅療養を実施している。対象者は先月30日時点の1517人から8日には3328人と2倍以上に増えた。このうち首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)が3231人で97.1%を占める。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。