Go to Contents Go to Navigation

サムスントップの麻酔薬違法投与 初公判で罰金7百万円求刑=韓国検察

記事一覧 2021.10.12 16:21

【ソウル聯合ニュース】麻酔薬プロポフォールの違法投与を受けたとして麻薬類管理法違反の罪で起訴された韓国サムスングループ経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の初公判が12日にソウル中央地裁で開かれた。検察は同種の前科がないことや投与の回数・期間を考慮し、罰金7000万ウォン(約700万円)、追徴金1702万ウォンを求刑した。

初公判出席のため法廷に向かう李在鎔氏=12日、ソウル(聯合ニュース)

 この日は初公判だったが、李被告側が起訴事実を全て認めており、証拠にも同意したため、弁論はすぐに終結した。判決公判は26日に開かれる。

 李被告は最終意見陳述で「個人的なことで心配をかけて申し訳ない」と謝罪し、「(投与は)治療のためのものだが、深く反省している」と述べた。弁護人も、被告が投与目的で通院したり、処方なしで投与を受けたりはしていないことを考慮してほしいと求めた。

 全身麻酔に使われるプロポフォールは、韓国では向精神薬として麻薬類に指定されている。李被告は2015年1月から昨年5月にかけ、ソウル市内の美容外科で41回にわたり医療以外の目的でプロポフォール投与を受けた罪に問われた。

 検察は今年6月に李被告を略式起訴したが、その後に捜査の結果次第で起訴状の内容を変更する可能性があるとして正式裁判を請求した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。