Go to Contents Go to Navigation

21年の韓国成長率見通し 4.3%を維持=IMF

記事一覧 2021.10.12 22:00

【ワシントン聯合ニュース】国際通貨基金(IMF)は12日(現地時間)に公表した世界経済見通しで、2021年の世界経済の成長率をプラス5.9%と予測し、今年7月時点から0.1ポイント下方修正した。新型コロナウイルスの感染再拡大やそれに伴うサプライチェーン(供給網)の混乱などが反映された。韓国はプラス4.3%で7月と同じだった。IMFは韓国の成長率見通しを4月にプラス3.6%とし、7月に0.7ポイント上方修正した。

IMFは韓国の今年の成長率見通しを7月と同じ4.3%と予測した=(聯合ニュース)

 先進国の今年の成長率はプラス5.2%と予測し、7月に比べて0.4ポイント下方修正した。

 国・地域別では新型コロナの感染再拡大で疲弊した米国がプラス6.0%で1.0ポイント下方修正された。

 日本は7月より0.4%ポイント低いプラス2.4%、英国は0.2ポイント低いプラス6.8%と予測した。

 ユーロ圏19カ国は7月より0.4ポイント高いプラス5.0%と見通した。

 新興国と開発途上国はプラス6.4%で0.1ポイント上方修正された。このうち中国はプラス8.0%で0.1ポイント下方修正され、インドは7月と同じプラス9.0%と見通した。

 来年の世界の成長率は7月の見通しと同じくプラス4.9%とした。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。