Go to Contents Go to Navigation

サッカー韓国 イランとドロー=W杯最終予選

芸能・スポーツ 2021.10.13 00:34

【ソウル聯合ニュース】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、A組の韓国は12日(現地時間)、アウェーでイランと対戦し1―1で引き分けた。韓国は2勝2分けの勝ち点8となり同組2位のまま。3連勝中だったイランは勝ち点10となり首位をキープした。

後半3分、先制ゴールを決めて喜ぶ孫興ミン(下)=12日、テヘラン(聯合ニュース)

 韓国は後半3分に孫興ミン(ソン・フンミン、トットナム)のゴールで先制したが、同31分に同点に追いつかれた。

 最終予選は12チームがA、Bの2組に分かれ、ホームアンドアウェー方式で戦う。各組上位2位までがW杯出場権を獲得し、3位同士の勝者は大陸間プレーオフに回る。A組は韓国とイラン、アラブ首長国連邦(UAE)、イラク、シリア、レバノンの6チーム。

sarangni@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。