Go to Contents Go to Navigation

韓米が国防ワーキンググループの設置推進 米が先月提案

記事一覧 2021.10.13 10:27

【ソウル聯合ニュース】韓米の軍当局が、東南アジア諸国連合(ASEAN)やインドとの関係を強化する韓国の新南方政策と米国のインド太平洋戦略における国防部門の協力策を話し合うワーキンググループの設置を議論している。

先月27日にソウルで開かれた韓米の統合国防対話(KIDD)の様子(国防部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国国防部は13日、韓米が先月開催した第20回統合国防対話(KIDD)で、インド太平洋戦略と新南方政策を含む地域戦略での協力促進の一環として、実務レベルの非公式ワーキンググループの設置を検討することで一致したと発表した。米国が国防部門のワーキンググループ設置を提案し、韓国政府が前向きに回答したとされる。

 韓米のこうした議論を巡り、アジア・太平洋地域に軍事力を拡張する中国をけん制する狙いがあるとの見方も出ているが、国防部は「特定国を念頭に置いたものではない」と説明した。

 韓米は12月初めにソウルで開く韓米定例安保協議(SCM)でワーキンググループの設置を具体的に議論する見通しだ。

 政府筋は「インド太平洋戦略と新南方政策を絡めた協力促進に向け、対話チャンネルが必要だと判断した米国がワーキンググループの設置を打診してきた」と説明し、設置の時期などはまだ決まっていないと伝えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。