Go to Contents Go to Navigation

[韓流]ドラマ「イカゲーム」 世界で1億1100万世帯視聴

記事一覧 2021.10.13 13:16

【ソウル聯合ニュース】米動画配信大手ネットフリックスのオリジナル作品で、世界的な大ヒットとなっている韓国ドラマ「イカゲーム」の視聴数が、配信開始から26日で1億1100万世帯に達した。同社が13日、発表した。

世界的な人気を集めている韓国ドラマ「イカゲーム」(ネットフリックス提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同作品は9月17日から配信されている。これまでに94カ国・地域で「今日のTOP10」1位を獲得した。米国では、ネットフリックスが配信してきた非英語圏の作品としては初めて21日連続首位を記録した。

 ネットフリックスでアジア太平洋コンテンツ(インド除く)を総括するバイスプレジデントのキム・ミニョン氏は「ネットフリックスが韓国への投資を始めた2015年当時の目標は、世界レベルの韓国コンテンツを届けることだった」とし、その夢のような目標を「イカゲーム」が実現したとコメントした。

 海外メディアも「イカゲーム」を取り上げている。米芸能メディアのバラエティーは俳優イ・ジョンジェが演じた主人公ソン・ギフンを、「普遍的ながらも韓国的だ」と評した。米ブルームバーグは専門家の話として「韓国のクリエーターは米ハリウッドと競えるドラマと映画を制作できる」と伝えた。

 「イカゲーム」は456億ウォン(約43億円)の賞金をかけたサバイバルゲームを描いた。イ・ジョンジェ、パク・ヘス、チョン・ホヨン、ウィ・ハジュン、オ・ヨンスらが出演した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。