Go to Contents Go to Navigation

コロナ禍で習慣に変化 75%が「トイレ後に手洗い」=韓国調査

記事一覧 2021.10.14 13:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁が14日に発表した「2020年地域社会の感染症予防行動実態調査」の結果によると、不特定多数の人が使うトイレを利用した市民2000人のうち手を洗った人の割合は75.4%(1508人)で前年(63.6%)に比べ大きく増えた。関連調査が始まった2013年以降で最も高い。

疾病管理庁は正しい手洗いやマスク着用、咳エチケットの実践を呼び掛けている(資料写真)=(聯合ニュース)

 ただ、手を洗った人のうち、せっけんを使用した人(28.0%、560人)よりも水だけで洗った人(47.4%、948人)がはるかに多かった。

 また、咳エチケットの実践率は2019年の33.1%から昨年は83.2%と50.1ポイント上昇した。

 調査対象者の97.9%が外出時にマスクを着用し、92.3%は鼻と口を覆い、正しくマスクを着用した。

 鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は、正しい手洗いはさまざまな感染症の予防になるとした上で、「せっけんで手を洗い、正しいマスクの着用と咳エチケットを実践してほしい」と呼び掛けた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。