Go to Contents Go to Navigation

ソウル朝の最低気温1.3度 10月中旬では64年ぶり冷え込み

社会・文化 2021.10.17 16:40

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁によると、季節外れの寒波の影響でソウルの17日朝の最低気温は1.3度まで下がった。10月中旬の最低気温としては、1957年(10月19日、氷点下0.4度)以来、64年ぶりの低温となった。

新型コロナウイルスの検査所で医療従事者がカイロで手を温めている=17日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウルでは初氷も記録。昨年より1週間、例年より17日早い観測となった。

 この日は全国的に冷え込み、朝の最低気温は江原道・春川で氷点下1.2度、大田で0.4度、大邱で3.7度、釜山で5.5度などとなった。寒さは18日朝まで続くという。

ソウルでは初氷を観測した(気象庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

sarangni@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。