Go to Contents Go to Navigation

私的な集まりの制限を緩和 ウィズコロナを前に=韓国

政治 2021.10.18 09:14

【ソウル聯合ニュース】韓国で18日から31日までの2週間、新型コロナウイルスの感染防止策「社会的距離の確保」のレベルが延長され、首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)は最も高い第4段階、首都圏以外の地域は第3段階が維持される。ただ、私的な集まりに参加できる人数は第4段階地域で最大8人、第3段階地域は最大10人に、それぞれ緩和された。

1グループの人数が制限されているカフェ(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府は早ければ来月1日から、防疫体制を「段階的な日常回復(ウィズコロナ)」に転換する計画だ。重症患者の管理に重点を置き、経済・社会活動との両立を図るもので、その準備期間として一部の行動制限を緩和した。

 中央災難(災害)安全対策本部によると、第4段階地域では時間帯にかかわらず、不特定多数が利用する全ての施設で最大8人集まれるようになった。ワクチンを接種していない人たちだけで集まる場合は4人まで。これまでは午後6時以前は最大4人、同時刻以降は最大2人で、飲食店とカフェの利用に対してのみ、接種完了者を含む場合に6人まで認めていた。

 第3段階地域では施設と時間帯に関係なく、未接種者だけなら4人まで、接種完了者を含む場合は10人までの集まりを認める。従来は最大8人だった。

 商業施設の営業時間短縮も一部緩和された。午後10時までに制限されていた第3段階地域の飲食店とカフェ、第4段階地域の自習室や公演会場、映画館などは翌日午前0時まで営業できるようになった。

 結婚式は食事提供の有無に関係なく最大250人の参列が可能だ。

 また第4段階地域で、会場に観客を入れたプロスポーツ観戦が可能になった。ワクチンの接種完了者に限り入場可能で、屋内施設では収容人数の20%まで、屋外施設は30%までとする。

 第4段階地域の宗教施設では人数の上限(99人)が外された。未接種者がいる場合は収容人数の10%まで、全員が接種完了者なら20%まで、礼拝などに参加することができる。

ソウル地下鉄の光化門駅を利用する市民(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。