Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 今月末にもTPP加盟可否決定へ

記事一覧 2021.10.18 09:29

【ワシントン聯合ニュース】韓国政府が早ければ今月末にも環太平洋経済連携協定(TPP)に加盟するか否かを決定する。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官が主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため訪れていた米ワシントンで14日(現地時間)に行った記者会見で明らかにした。

洪楠基副首相(企画財政部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 洪氏は「TPP加盟時に国内の制度改善が避けられない部分があるが、過去2年間、官庁間で検討し、可能な限り改善を行ってきた」とし、「企画財政部長官としては加盟申請をすべきとの立場だが、産業通商資源部、農林畜産食品部、外交部、国家安全保障会議(NSC)との調整が必要だ」と説明した。

 また、「(加盟に関連し)代案がいくつかあるが10月25日に開かれる対外経済長官会議で決定するしかない」との見方を示した上で、「加盟するか否か、加盟するならいつ申請するのかまでを含めた決定は10月末または11月初めには下さなければならない」と述べた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。