Go to Contents Go to Navigation

対北コロナワクチン支援 「論議の可能性高まっている」=韓国統一相

記事一覧 2021.10.18 15:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は18日、国会外交統一委員会による国政監査で、韓国の新型コロナウイルスの防疫体制が感染対策と経済・社会活動の両立を図る「段階的な日常回復(ウィズコロナ)」に転換する段階に差し掛かっているとしたうえで、北朝鮮への新型コロナワクチン支援について論議する可能性が高まったとの見解を示した。

国政監査で答弁する李長官(国会写真記者団)=18日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は「北へのワクチン支援を巡る国民のコンセンサスが得られ、(ワクチンを支援する)余力を確保できる段階に到達しているので(対北支援の論議の)可能性が高まっている」とし、「(支援を)受け入れる北側の意思もかなり重要だ」と述べた。

 また、「保健・防疫分野では韓米共同で人道主義協力を推進する計画を具体的に進めている。米国のワクチンに関する協力は原則として全ての国に開かれているため、意見の違いはないのではないかと思う」と説明した。そのうえで、さらに時間が経過し環境が整えば北朝鮮へのワクチン支援問題を論議できるだろうとの見通しを示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。