Go to Contents Go to Navigation

韓国政府がCOP誘致巡り方針転換 28から33に=UAEと合意

記事一覧 2021.10.18 17:15

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は気候変動枠組み条約締約国会議(COP)の韓国への誘致を巡り、これまで2023年開催予定の第28回締約国会議(COP28)の誘致を目指していたが、COP33の誘致に方針を転換した。外交部が18日、明らかにした。

鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 COP28については、アジア・太平洋地域内で誘致を巡り争っていたアラブ首長国連邦(UAE)を支持することにした。

 両国の外相が16日に電話会談を行い、COP28については韓国がUAEを支持し、COP33についてはUAEが韓国を支持することで合意に至ったという。

 COP開催国は世界5地域の持ち回りで選ばれ、COP28とCOP33はアジア・太平洋地域に開催権がある。

 韓国とUAEは今年4月から、COP28の誘致を巡り、外交折衝を繰り広げていた。 

 UAE側は今回の電話会談で、2030年の国際博覧会(万博)の釜山への誘致についても歓迎する立場を示し、今後も協議を続けることを確認した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。