Go to Contents Go to Navigation

韓国独自開発ロケット きょう午前発射台に移動=21日発射

記事一覧 2021.10.20 06:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の独自技術で開発したロケット「ヌリ」の発射準備が20日、打ち上げを翌日に控え本格的に始まる。

8月26日、最終点検のため、発射台に設置されたヌリ(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)

 科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院によると、ヌリはこの日発射台に移され、起立作業が進められる。

 ヌリは南部の全羅南道・高興の羅老宇宙センターから発射される。センター内での組み立て作業を終えた後、この日午前7時ごろセンター内の第2発射台に移される。

 ヌリは1.5トン級の実用衛星を地球低軌道に乗せることができる3段式ロケット。全長47.2メートル、重量は200トンになる。

 2010年3月に始まったヌリ開発事業は18年11月にエンジンの性能を検証するための試験用ロケットが打ち上げられ、21年3月にはエンジンの総合燃焼試験に成功した。これを通じて韓国のロケット技術はすでに世界で認められている。

 発射は21日午後4時とみられている。発射の約1時間30分前に予定時刻が発表される。

 気象状況の悪化や技術的問題が発生すれば10月22日~28日に変更される。変更は発射管理委員会が決める。

 今回の発射の結果と関係なく、2022年5月19日に2回目の発射が行われる。今回と同様に打ち上げ予定日翌日の1週間(5月20~26日)が打ち上げ予備期間になる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。