Go to Contents Go to Navigation

オール韓国ロケ映画「アジアの天使」 28日韓国公開

記事一覧 2021.10.20 12:45

【ソウル聯合ニュース】日本映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」(吉田康弘監督)と、石井裕也監督が多くの韓国人キャスト、スタッフとともにオール韓国ロケで作り上げた映画「アジアの天使」が今月、韓国で相次ぎ公開される。いずれも家族の意味を問う作品だ。

「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」は27日に公開される。ローカル鉄道を舞台にした作品で、有村架純と、韓国映画「哭声/コクソン」で韓国でも知られる國村隼が主演した。血のつながらない3世代の3人が、悲しみを抱えながら家族の形を見つけようとする物語。

 28日には「アジアの天使」が封切られる。互いに心の傷を持つ日本と韓国の家族が出会い、新しい家族の形を模索する姿を描いた。ソウルと江原道で撮影。韓国の3兄妹を女優チェ・ヒソはじめ、キム・ミンジェとキム・イェウンが、日本の兄弟をオダギリジョーと池松壮亮が演じた。

「アジアの天使」(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。