Go to Contents Go to Navigation

半導体見本市27日から開催 サムスンなど237社参加=韓国

IT・科学 2021.10.20 16:28

【ソウル聯合ニュース】韓国半導体産業協会は20日、ソウルの総合展示場・COEXで27~29日に見本市「半導体大展(SEDEX 2021)」を開催すると発表した。産業通商資源部が主催し、同協会が主管する。

昨年のSEDEXの様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 サムスン電子やSKハイニックスをはじめ、半導体の素材、部品、製造装置、設計、設備などを手掛ける237社が計600ブースを構える。展示の規模は過去最大。

 サムスン電子は人工知能(AI)とデータセンター、電装、モバイルという四つのソリューションを中心に次世代半導体製品を展示する。期間中には「サムスン・インサイト・トーク」と題したイベントでメモリー事業部とファウンドリー(受託生産)事業部、システムLSI(大規模集積回路)事業部が半導体の技術やビジョンを紹介する予定だ。

 SKハイニックスはAIやビッグデータ、メタバース(仮想空間)、自動運転といった第4次産業革命時代の主要産業に用いられる半導体メモリー製品を紹介し、その重要性をアピールする。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。