Go to Contents Go to Navigation

文大統領 ASEAN首脳会議に参加へ=岸田氏と画面越し対面か

記事一覧 2021.10.20 17:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が26~27日にオンライン形式で開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に参加する。青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が20日の会見で伝えた。

昨年11月にオンライン形式で開かれたASEANプラス3で発言する文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 ASEAN首脳会議のほか、26日にはメコン川流域5カ国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム)との首脳会議に、27日にはASEANプラス3(韓国・中国・日本)首脳会議、東アジア首脳会議(EAS)に参加するという。

 朴氏は「今年の首脳会議では新型コロナウイルスへの対応やポストコロナ時代に備えるための域内での協力策などが議論される予定」と説明した。

 文大統領は新型コロナワクチンのグローバルハブ(拠点)の一つの軸としてコロナ危機克服に寄与する意思を強調し、早期の経済回復のための方策を提示するとみられる。

 26日の第22回韓ASEAN首脳会議では新南方政策を通じた韓国とASEANの協力の成果を評価し、協力を強化する意思を示す。同日開かれる第3回韓メコン首脳会議では協力が始まってから10周年を迎えた両地域の今後の協力強化策を議論する。

 27日の第24回ASEANプラス3では新型コロナを克服するための保健、金融・経済など主な分野での協力強化策などについて意見を交換する。

 昨年のASEANプラス3には、文大統領のほか中国からは李克強首相、日本からは菅義偉首相が参加した。今回、岸田文雄首相が参加すれば、文大統領と岸田氏による初の映像での対面になる。 

 文大統領は第16回東アジア首脳会議では、域内の平和と安定に向けた韓国の意思を示す予定だ。

 朴氏は「今回の会議は政府が力を入れて推進した新南方政策の成果をまとめ、ASEANと域内のパートナー国が新型コロナなどによる危機に備えた協力体系を点検し、協力強化の推進力を備えるという意味がある」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。