Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「主権行使の妨害なければ緊張誘発なし」 安保理会合に懸念

記事一覧 2021.10.21 08:38

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の外務省報道官は21日、「われわれの正常で合法的な主権行使に言いがかりをつけないならば、朝鮮半島に緊張が誘発されることは決してない」とし、米国をけん制するとともに、北朝鮮の19日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を受けて国連安全保障理事会が非公開会合を開くことに強い懸念を示した。朝鮮中央通信のインタビューに答える形で述べた。

朝鮮中央通信は20日、国防科学院が19日に新型SLBMの発射実験を実施したと伝えた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外務省報道官は、北朝鮮の主権が妨げられない限り朝鮮半島は緊張状態にならないとする一方で、「米国と追従勢力が是が非でも誤った行動を選択するならば、より厳重で深刻な結果を招く触媒になりかねない」と警告した。

 また、米国と国連安保理の動きに対し北朝鮮はこれまでにも強い懸念を表明してきたと言及した。

 安保理は20日午後(日本時間21日午前)に非公開の緊急会合を開き、北朝鮮のSLBM発射実験に関する対応を協議した。

 報道官は今回の発射実験について「米国を意識したり狙ったりしたものではなく、純粋な国家防衛のため以前から計画していた事業だ。米国はこれを憂いたり悩んだりする必要はない」と強調。さらに「米国が保有するか開発中のものと同じ兵器体系をわれわれが開発、実験するからといって、これを批判することは明白な二重基準であり、朝鮮民主主義人民共和国を敵視しないという彼らの真意への疑念を強めるだけ」と不満をもらした。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。