Go to Contents Go to Navigation

ASEAN+3財務次官会議 韓国は「域内供給網の回復力強化」強調

政治 2021.10.22 11:09

【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は22日、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)財務次官・中央銀行副総裁会議が21日にオンライン形式で開催され、同部の尹泰植(ユン・テシク)国際経済管理官(次官補)が共同議長国の首席代表として出席したと発表した。

ASEANプラス3(韓中日)財務次官・中央銀行副総裁会議で、韓国はRCEPなどを基に域内サプライチェーンを補強する必要性を強調した(イラスト)=(聯合ニュース)

 尹氏は会議で、直面したリスク要因や構造的変化への対応策を提案した。同氏は「東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)などの多国間協力チャンネルを基に域内サプライチェーン(供給網)のつながりの弱い部分を補強し、自由なモノと人の移動を促進して域内のサプライチェーン全体の回復力を高めるべきだ」と強調した。

 また、域内のグリーン・デジタル経済への転換に向け韓国が積極的に寄与するとし、ベトナム、ミャンマー、フィリピンなど20カ国を対象に実施している韓国の海外農業技術開発事業を紹介するとともに、域内の農業のデジタル化を支援すると表明した。

 各国が当面は拡張的なマクロ経済政策を継続し、その後に「秩序ある正常化」に入るべきだとも指摘した。

 ASEANと韓中日の経済を調査・監視する「ASEANプラス3マクロ経済調査事務局(AMRO)」は、今年の域内の成長率見通しを従来の6.7%から6.1%に引き下げた背景を説明し、新型コロナウイルスの変異ウイルス・デルタ型の流行、サプライチェーンの停滞、国ごとの回復ペースのばらつきなどを主な下方リスク要因に挙げた。

 参加国は、域内の国の大半が2022年初めまでに自国の新型コロナワクチン接種目標を達成し、域内経済が堅調な回復傾向を示すと見込み、コロナ後の経済構造転換への対応で協力することで合意した。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。