Go to Contents Go to Navigation

米特別代表が訪韓を1日延期 23日に韓国入り

記事一覧 2021.10.22 13:41

【ソウル聯合ニュース】米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表が23日に韓国を訪問する。

ソン・キム北朝鮮担当特別代表=(聯合ニュース)

 キム氏は当初、22日に来韓する予定だったが、日程が1日延期となった。韓国外交部で北朝鮮問題を担当する魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長との会談も23日から24日に変更された。

 キム氏と魯氏の会談は米ワシントンで19日(米東部時間)に開かれた北朝鮮問題を担当する韓米日の高官による協議以来で、韓国政府が北朝鮮に関与する方策として提案した朝鮮戦争の終戦宣言に対し米国側の進展した立場が示されるかに注目が集まる。

 韓国は、北朝鮮を対話に導くための信頼構築の措置として終戦宣言を提案し、米国側にも同宣言の必要性を説明してきた。

 終戦宣言に比較的慎重な立場を示してきた米国側の理解が最近深まり、韓米が終戦宣言の構成要素となり得る内容について意見を交換する段階にあるとされる。キム氏は米政府が終戦宣言について検討した内容を韓国側と共有するとみられる。

 また韓米は、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射とその後の北朝鮮側の反応に込められた意図を分析し、今後の情勢に与える影響についても協議すると予想される。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。