Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領選 李洛淵氏が党候補の李在明氏に協力表明

政治 2021.10.24 16:53

【ソウル聯合ニュース】来年3月の韓国大統領選で、革新系与党「共に民主党」の公認候補に選出された李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事と同党の前代表で元首相の李洛淵(イ・ナギョン)氏が24日、ソウル市内で会合を開き、大統領選の勝利に向けて協力することで合意した。

会合で抱擁する李在明氏(左)と李洛淵氏(国会写真記者団)=24日、ソウル(聯合ニュース)

 今月10日に終了した党の公認候補選びに向けた予備選で2位に終わった李洛淵氏は途中撤退した候補の得票を党選挙管理委員会が無効としたのは不当だと主張し異議申し立てを行ったが、結果を受け入れる考えを表明していた。

 李洛淵氏は会合前、「文在寅(ムン・ジェイン)政権の成功と政権を再び獲得するため、微力ながら力を添えたい」と表明。「皆がお互いを尊重し心の傷が癒えるよう、党の指導者が努力してほしい」と述べ、党内の結束を呼び掛けた。

 李在明氏は「われわれは同じDNAを持つチーム員」とし、「私に不足している部分を李(前)代表が補い、随時に助言を受けて政権を再び獲得し、国と未来を明るく切り開く道に進むようにする」と述べた。

 また、李在明氏は李洛淵氏に選挙対策委員会の常任顧問就任を要請。李洛淵氏は受け入れる考えを明らかにしたという。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。