Go to Contents Go to Navigation

文大統領とローマ教皇の会談 平和増進の機会に=韓国統一部

記事一覧 2021.10.25 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が29日にローマ教皇フランシスコと会談することに関し、統一部の李種珠(イ・ジョンジュ)報道官は25日の記者会見で「(韓国政府が取り組んでいる)朝鮮半島平和プロセスについて幅広く対話し、平和増進に向けて知恵を出し合う機会になることを期待する」と述べた。

統一部の李報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 文大統領は月末にイタリアで開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)と11月に英国で開催される国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)への出席に合わせ、欧州を歴訪する。G20サミット開幕前日の29日にバチカン(ローマ法王庁)を公式訪問する予定だ。

 バチカン訪問には李仁栄(イ・イニョン)統一部長官も同行する。同氏の役割について質問された李報道官は「(南北関係の担当閣僚として)この訪問の成果を朝鮮半島の平和定着と南北関係の改善につなげていくこと」と答えた。

 また、「教皇の訪朝が実現すれば朝鮮半島の平和構築に大きく寄与するだろう」と期待を示し、関連議論が進展する場合には訪朝実現を支援していくという韓国政府の姿勢をあらためて示した。

 文大統領のバチカン訪問は2018年10月以来、2回目。教皇は当時、文大統領との会談で北朝鮮訪問の意向を示したが、まだ実現していない。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。