Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 メタン削減の国際的枠組みに参加へ

記事一覧 2021.10.25 16:37

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は25日、温室効果ガスのメタンを削減して地球の気候危機に対応するため、国際社会が協力を模索する「グローバル・メタン・プレッジ」に参加する計画だと発表した。

埋立地のメタンガス化施設および発電施設(資料写真、環境部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 メタンは京都議定書(1997年採択)で定義された六つの温室効果ガスのうち一つで、地球温暖化に及ぼす影響を数値で示した地球温暖化係数(GWP)が21(二酸化炭素が及ぼす影響の21倍)の物質だ。

 グローバル・メタン・プレッジは、2030年までに世界のメタン排出量を20年比で最低30%削減することを目標にしている国際的枠組み。

 米国と欧州連合(EU)は今年9月にグローバル・メタン・プレッジの推進計画を共同発表し、韓国など世界の主要国に対して参加を要請した。

 来月1、2日に英グラスゴーで開催される国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の期間中に発足式を開催する予定だ。

 韓国政府もグローバル・メタン・プレッジの一員として、国際社会のメタン削減の取り組みに積極的に参加する計画だ。

 政府は「今回のグローバル・メタン・プレッジ加入は、わが国が主要7カ国(G7)とともに(2015年のCOP21で採択された)パリ協定の実質的履行を主導していくことでわれわれの気候リーダーシップを一層強化し、パリ協定の(産業革命以降の世界の平均気温上昇)1.5度の目標達成のための国際連帯を拡大する機会になるだろう」と期待を示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。