Go to Contents Go to Navigation

北の短距離弾道ミサイル 「核弾頭搭載能力は断定困難」=韓国高官

記事一覧 2021.10.26 19:47

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は26日、北朝鮮の新型短距離弾道ミサイルに核弾頭を搭載することが可能であるかについて、「北は(核弾頭の)小型化と軽量化を推進している」としながらも、「短距離ミサイルに搭載することができるかについては、断定的に話すのは難しい」と述べた。

徐薫氏(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 この日開かれた国会運営委員会による国政監査で、保守系最大野党「国民の力」所属で元北朝鮮駐英公使の太永浩(テ・ヨンホ)議員の質問に答弁した。

 また国防部が搭載可能との見方を9月に示したことに関連しては、さらに見極めていく必要があると指摘した。

 徐氏は「現在、北が開発中の短距離ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などに対し、わが軍は十分に対応する能力を備えている」と強調した。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。