Go to Contents Go to Navigation

韓国最大のK―POP公演場 ソウル近郊に24年完成予定

記事一覧 2021.10.27 17:50

【高陽聯合ニュース】韓国最大のK―POP専用公演場となる「CJライブシティー・アリーナ」の着工式が27日、ソウル近郊の京畿道高陽市・一山で開かれた。

アリーナの完成予想図(CJライブシティー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 CJライブシティー・アリーナは韓国総合コンテンツ大手、CJ ENMグループが手掛ける。32万6400平方メートル(約10万坪)の敷地に屋内アリーナ(2万席)と4万人を収容できる屋外空間を持つ超大型公演施設を建設。完成予定は2024年だ。

 アリーナのマスタープラン策定と建築デザインは米アップルの新社屋やロンドンの大英博物館を手掛けた英著名設計事務所フォスター・アンド・パートナーズが担う。

 K―POP公演のほか、世界的な音楽授賞式や世界トップレベルのアーティストの公演も誘致する予定だ。舞台装置や音響、照明については米興行大手のアンシュッツ・エンターテインメント・グループ(AEG)と協業する計画だという。

 この日はアリーナの着工式とともに「Kコンテンツ体験型複合団地」のビジョン発表も行われた。音楽、映画、ドラマ、バラエティーを含めた韓国の代表的なコンテンツを世界の人々にオンラインとオフラインの両方で体験してもらうスペースを実現するというビジョンを掲げた。

 CJ ENMの子会社、CJライブシティーのシン・ヒョングァン代表取締役は「世界中の人たちが来韓し、韓国のコンテンツを楽しめるインバウンド韓流の歴史に新たなページを刻みたい。世界の韓流ファンが訪れる新韓流の中心地であり、Kコンテンツの聖地をつくりたい」と抱負を述べた。

上空から見た完成予想図(CJライブシティー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。