Go to Contents Go to Navigation

サムスンバイオが生産の米モデルナワクチン 28日から韓国内で流通

記事一覧 2021.10.27 20:06

【ソウル聯合ニュース】韓国のバイオ医薬品大手、サムスンバイオロジクスが米モデルナ社との契約に基づいて国内で受託生産した新型コロナウイルスワクチンが28日から韓国内に供給される。保健福祉部が27日発表した。

米モデルナ社のワクチンを受託生産するサムスンバイオロジクス(資料写真)=(聯合ニュース)

 このワクチンは10~12月期の接種や、感染リスクが高い人を対象にした追加接種などに幅広く使用される。

 これまで韓国で使われていたモデルナのワクチンはすべて海外で製造されたものだったが、今後は国内で生産されたものを使えるようになった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。