Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン副反応を調査 政府が安全性委員会設置へ=韓国

記事一覧 2021.10.28 16:21

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は28日、ワクチン接種後の副反応に対する国民の不安を解消するため、「新型コロナウイルスワクチン安全性委員会」を設置すると発表した。

ソウル市内の体育館に設置された新型コロナワクチン接種センター(資料写真)=(聯合ニュース)

 委員会は医学分野の有識者で構成された「韓国医学翰林院」を中心に、ワクチン接種や副反応に対する調査・分析と安全性の検討を行う方針だ。

 現在は、専門家らで構成された「予防接種被害調査班」が接種後に発生した副反応の報告について接種との因果関係を調べている。だが、韓国より先にワクチン接種が行われた国で確認された副反応を根拠に因果関係を判定しているため、先行基準がない場合は補償などが行われないことがあり、支援策が必要だとの声が上がっていた。

 また、接種後に集中治療室への入院やこれに準ずる疾病が発生した事例のうち、被害調査班や被害補償専門委員会が「根拠資料不十分」として因果関係を認めなかった場合に受け取れる医療費が、これまでの1人当たり1000万ウォン(約97万円)から来年以降は3000万ウォンに増額される見通しだ。

 鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は「申請資料を分析し、因果関係を認める範囲が拡大されればさかのぼって基準を適用し、過去に申請した人や申請しなかった人にも適切な支援と補償を行う」と述べたほか、重篤・重症患者のための医療費対策も補完すると述べた。 

 推進団によると、ワクチン接種後の副反応に対して被害補償が認められた件数は25日の時点で2287件となっている。

ワクチン接種後の経過観察のため待機する人々(資料写真)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。