Go to Contents Go to Navigation

文大統領 バイデン氏にローマ教皇への訪朝提案を説明

記事一覧 2021.10.30 20:21

【ローマ聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日(現地時間)、イタリア・ローマで開幕した主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の会場でバイデン米大統領と会い、29日のローマ教皇フランシスコとの会談で北朝鮮訪問を提案したことを伝えた。韓国青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が発表した。

G20サミットの会場でバイデン大統領(右)と握手する文大統領=30日、ローマ(聯合ニュース)

 両大統領はそれぞれ29日にバチカンで教皇と会談した。

 文大統領はバイデン氏に、訪朝の提案に対して教皇が「招待状が来れば喜んで行く」と応じたと伝えた。バイデン氏は「嬉しいニュースだ」として、「(朝鮮半島問題の解決へ)進展している」と話したという。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。