Go to Contents Go to Navigation

在韓国連軍司令部「DMZ内の地雷除去作戦を支援」

記事一覧 2021.10.31 14:38

【ソウル聯合ニュース】在韓国連軍司令部は31日、「先週、東海地区の南北管理区域での地雷除去作戦を支援した」とフェイスブックで公表した。

南北管理区域で行われた地雷除去作業(在韓国連軍司令部のフェイスブックより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国と北朝鮮の軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)内には200万個に達する地雷と不発弾があり、立ち入る人の安全を確保するため、こうした努力が非常に重要と説明した。

 南北管理区域はDMZ内にあり、南北間の貨物・人員の輸送を目的に道路・鉄道が設置されている。

 2002年に南北の国防相が合意書を採択し、東海と黄海地区のDMZに管理区域が設置された。東海地区は金剛山観光地区に、黄海地区は開城工業団地につながる道路をそれぞれつくった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。