Go to Contents Go to Navigation

ハロウィーンに大騒ぎ 防疫規則違反の摘発者1289人=韓国

記事一覧 2021.11.01 10:14

【ソウル聯合ニュース】韓国警察庁は1日、ハロウィーンと週末が重なった先月29日から31日までに全国で感染症予防法、食品衛生法、音楽産業法違反などで計101件、1289人が摘発されたと発表した。

ソウルの繁華街、梨泰院でハロウィーンの仮装をした若者らが通りを埋めている=31日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウル市江南区では30日、DJブースやステージなどを設置し、無許可でクラブとして営業した飲食店の店主や客234人が取り締まりを受け、松坡区の飲食店でも51人が摘発された。

 南部の釜山市でも警察と地方自治体が合同で遊興施設など555カ所を点検した結果、感染症予防法違反などで23件、195人が取り締まりを受けた。

 週末に最も人出が多かったのはソウルの繁華街、梨泰院だった。警察によると、29日に4万人、30日に8万人、31日に5万人と3日間で計17万人が集まった。

 人々は米動画配信大手ネットフリックスのオリジナル韓国ドラマ「イカゲーム」の登場人物の仮装をしたり、馬に乗って通りを歩いたりした。一部では11月からの新型コロナウイルスの新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」への移行を前に感染を拡大させるとして懸念の声も出た。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。