Go to Contents Go to Navigation

韓日中の大学交流事業「キャンパスアジア」 ASEANに拡大

記事一覧 2021.11.02 14:30

【ソウル聯合ニュース】韓国教育部と韓国大学教育協議会は2日、韓国、日本、中国の大学生・大学院生の交流事業「キャンパスアジア(CAMPUS Asia)―韓日中」を東南アジア諸国連合(ASEAN)に拡大して運営することを決め、今年の事業団を選定したと発表した。

韓国教育部(資料写真)=(聯合ニュース)

 このプログラムは、2010年に開催された3カ国の首脳会談での合意を受けて発足し、16年に本事業へと拡大された。3カ国の大学間共同・複数学位活性化などが行われ、計6625人の学生が交流に参加。497人が複数学位を取得した。

 今回決定した事業は、3カ国に加えてシンガポール、マレーシア、ラオスなどASEANの大学も参加する「キャンパスアジアプラス」として実施される。

 3カ国は9月に国別の審査を行い、先月末までに20の事業団を最終選定した。 

 選ばれた大学には5年間にわたってオンライン・オフライン共同教育課程の開発などのプログラム運営費が支給される。支給額は年平均約1億2000万ウォン(約1160万円)。

 教育部の鄭鍾チョル(チョン・ジョンチョル)次官は「新型コロナウイルス(の感染拡大)で韓日中3カ国やASEAN加盟国間の教育分野での協力強化と人的交流がさらに重要になっている」とし、「教育部は未来社会をリードする実力ある国際人材の育成のため、積極的に支援する」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。