Go to Contents Go to Navigation

犬の食用禁止立法化 反対49%・賛成39%=韓国世論調査

記事一覧 2021.11.03 12:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが3日に発表した調査結果によると、犬の食用を法で禁止することに「反対」と答えた人が回答者の48.9%となり、「賛成」の38.6%を上回った。

2日、ソウル都心の光化門広場付近で大統領選候補に対し、犬の食用禁止などを公約に掲げるよう求めるパフォーマンスを行う市民団体メンバー=(聯合ニュース)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9月27日、犬の食用禁止について「慎重に検討する時期」との考えを示している。

 今回の調査で犬の食用禁止の立法化について、男性は反対が57.1%となり、賛成の36.1%を上回った。女性は賛成と反対がそれぞれ40.9%だった。

 年齢別では、18歳から20代は反対が60.9%で、賛成の27.0%を大幅に上回った。60代(賛成41.1%、反対46.0%)と50代(賛成47.2%、反対42.2%)、70代以上(賛成44.5%、反対39.5%)は賛成と反対が拮抗した。

 調査はオーマイニュースの依頼を受け、今月2日に全国の18歳以上の500人を対象に実施された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。