Go to Contents Go to Navigation

COPでの韓日首脳会談は「日程合わず」 韓国大統領府高官

記事一覧 2021.11.05 11:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の欧州歴訪中に日本の岸田文雄首相との会談が行われなかったことに関し、韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は5日、会談の設定自体が試みられなかったと、あらためて強調した。

青瓦台の朴洙賢首席秘書官(資料写真)=(聯合ニュース)

 ラジオのニュース番組に出演した朴氏は、「(文大統領が)会おうとしたのに会えなかったのか」との問いに「そうではない」と答え、まず日本側の事情として、衆議院選挙があったために岸田首相がイタリア・ローマでの主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席できなかったと説明した。岸田首相は直後に英グラスゴーで開催された国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)首脳級会合に駆け付け、短時間滞在したが、朴氏は「文大統領と日程が合わず、動線も重ならなかった」と説明した。その上で、「(首脳会談)『不発』という表現は正しくない」と述べた。

 さらに、「気候、経済、平和をテーマに開かれた多国間会議では、出席した多数の首脳とともにこれらのテーマに集中することが国益にかなうというものではないか」とし、「韓日関係をどうすべきかにだけ集中するのは望ましくない」と強調した。

 韓日間の今後の首脳外交に対しては「いつかは会うことになり、その道に向かって進んでいる」との認識を示した。

 一方、文大統領の欧州歴訪の成果について、今年の訪米や主要7カ国(G7)首脳会議出席も含め、「(韓国は)主導的に参加して国際秩序を生み出していく国になった」と評価。先進国としての役割を果たし始めていると述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。