Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮住民の42%が栄養不足 アフリカ最貧国よりも劣悪=国連機関

北朝鮮 2021.11.05 12:10

【ソウル聯合ニュース】国連食糧農業機関(FAO)が4日(現地時間)に公表した2021年版世界統計年鑑によると、18~20年の北朝鮮の栄養不足人口は1090万人で、総人口の42.4%を占めた。全世界(8.9%)、アジア(8.2%)の平均はもちろん、アフリカ諸国の平均(19.0%)も大きく上回った。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は今年初め、食糧問題の解決を重大課題として提示した=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮よりも栄養不足人口の比率が高い国はソマリア(59.5%)、中央アフリカ(48.2%)、ハイチ(46.8%)、イエメン(45.4%)、マダガスカル(43.2%)など数えるほどしかない。

 アフリカの最貧国に挙げられるルワンダ(35.2%)やエチオピア(16.2%)も北朝鮮より比率が低い。

 北朝鮮の栄養不足人口の比率は00~02年が35.7%、04~06年が33.8%、09~11年が42.6%、13~15年が40.6%、15~17年が41.2%、16~18年が24.9%、17~19年が42.6%と、次第に深刻化する傾向にある。

 北朝鮮の18~20年における1日当たりのカロリー摂取量は2075キロカロリーで、世界平均(2950キロカロリー)より30%近く少なかった。韓国(3465キロカロリー)と比べると約40%少ない。

 北朝鮮の人々の「摂取量適合性」は平均86%にとどまった。必要なカロリーの86%しか摂取していないという意味になる。

 この指標の世界平均は124%で、同統計によると北朝鮮よりも状況が劣悪な国はソマリア、ジンバブエ(それぞれ79%)の2カ国しかなかった。韓国は141%。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。