Go to Contents Go to Navigation

中朝間で列車運行再開か 「慎重な判断必要」=韓国統一部

北朝鮮 2021.11.09 15:45

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は9日、北朝鮮と中国を結ぶ鉄橋「中朝友誼(ゆうぎ)橋」で列車が運行されたとの一部メディアの報道に関連し、「このような動向が(中朝間の)列車運行の再開を意味するものかは、もう少し慎重な判断が必要だ」との見方を示した。

中国・丹東と北朝鮮・新義州をつなぐ橋(資料写真)=(聯合ニュース)

 統一部の当局者はこの日、報道陣に対し「政府としては朝中(中朝)間の列車運行再開のための準備が最終段階にあると判断し、関連動向を注視している」と述べた。

 KBSなどの一部メディアは前日、中国消息筋の話として、北朝鮮・新義州から中国・丹東に向けて中朝友誼橋を列車2両が移動し、北朝鮮と中国の間の列車運行再開が迫っていると報じた。

 この当局者は、報道の内容が事実かどうかについて「朝中間で列車が実際に運営されていることを意味するかは確認できない」とし、「列車の運行動向や現地の物資運送、税関業務の正常化などの状況をみながら総合的に判断しなければならない」と説明した。

 一方、統一部は9月に北朝鮮に対する栄養・保健協力事業を推進する民間団体に南北協力基金から100億ウォン(約9億6000万円)を支援することを決めたが、まだ支援対象に選ばれた団体はないことが分かった。当局者は「一部団体から申し込みを受け付け、内部で支援に対する評価などの手続きが進んでいる」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。