Go to Contents Go to Navigation

文大統領 21日に生中継で「国民との対話」=約2年ぶり

記事一覧 2021.11.10 14:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日午後7時10分から100分間、「国民との対話」を行う。国民との対話はKBSで生中継される。青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が10日、発表した。

19年11月に行われた国民との対話に出席した文大統領(左から2人目)=(聯合ニュース)

 テーマは新型コロナウイルスの危機克服と防疫、人々の暮らし・経済で、「国民と率直な対話を行う」という。

 青瓦台は昨年から続いているコロナ禍の影響で疲弊している国民との意思疎通を図るとともに、新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」の成功に向け国民の意見を聞く場と説明した。

 文大統領が生放送に出演し、政策と関連する質疑応答を行うのは2019年11月19日以降、約2年ぶりとなる。

 KBSが世論調査機関を通じ、年齢や性別、地域などを考慮して選んだ国民約300人が参加する。ワクチン接種を終えた約200人が現場で、残り約100人はオンラインで参加する。

 今回の国民との対話には文大統領のほか、防疫・経済関係閣僚らも参加する。

 KBSはホームページを通じ、一般国民から質問を受け付ける。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。