Go to Contents Go to Navigation

朝鮮戦争の終戦宣言 米と「相当の調整が終わった」=韓国外相

北朝鮮 2021.11.11 13:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は11日の国会外交統一委員会で、朝鮮戦争の終戦宣言を巡る米国との議論について、「終戦宣言の形式、内容に関して米側と最近、非常に緊密に協議を進めている」として、「相当の調整が終わった」と明らかにした。

国会外交統一委員会で答弁する鄭氏(左端、国会写真記者団)=11日、ソウル(聯合ニュース)

 鄭氏は「(米側と)大きな原則で合意し、形式や内容について協議している」と説明。「米国も終戦宣言の必要性、どのような形式でどのような内容で推進するかについてわが政府と意見がほぼ一致している」とし、「今後、具体的にどのように推進するかについて米側ともう少し調整する」と答弁した。その上で、「北を対話に引き出し、非核化の達成、平和定着への最初の段階として終戦宣言が必要というのがわれわれと米国の一致した意見」と改めて表明した。

 終戦宣言が無事合意に至るかどうかを問う質問には、「そこまで楽観的には見ていない」とし、「米国と韓国の合意だけで行われることではなく、容易ではないと思う」との認識を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。