Go to Contents Go to Navigation

韓米同盟 経済同盟・グローバルパートナーシップに=韓国与党候補

記事一覧 2021.11.11 16:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の革新系与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は11日、ソウル市内の党本部で米国のクリテンブリンク国務次官補(東アジア・太平洋担当)と面会し、「韓米同盟が経済同盟、グローバルパートナーシップに引き続き成長、発展することを希望する」と述べた。

握手を交わす李氏(右)とクリテンブリンク氏=11日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は「韓米同盟がより高度化し、合理的に発展する良いきっかけになることを望む」として、「朝鮮半島の平和問題は朝鮮半島に暮らす多くの人の生存がかかる重要なことだ。米国にとっても北東アジア問題は非常に重要な利害を持っていると判断される」と強調した。

 クリテンブリンク氏は「私の目標は一つだ。この地域を米国がどれほど重要に考えているかメッセージを与えること」とし、「米国は引き続き、韓国の同盟国かつ緊密なパートナーとしてグローバルパートナーへ進む韓国の歩みを応援する」と表明。「われわれは平和と繁栄という共通の関心事を持っている。引き続き発展させていきたい」と述べた。

 李氏は同日午後には中国のケイ海明・駐韓大使、12日には米与党・民主党のオソフ上院議員とそれぞれ面会する。米中の当局者と相次いで面会し、「バランス外交」を追求する姿勢をアピールする狙いとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。