Go to Contents Go to Navigation

海外航空券販売 「ウィズコロナ」で欧州・東南アジア路線の割合上昇=韓国

記事一覧 2021.11.13 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国旅行予約サイト大手のインターパークツアーがここ6カ月間の海外航空券の販売推移を分析した結果、欧州・東南アジア路線の割合が上昇したことが、13日までに分かった。

海外旅行の再開に向けて期待が高まっている(イラスト)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社によると、海外航空路線のうち米州路線が占める割合は5月の76%から10月には47%に下落したのに対し、欧州路線は9%から21%に上昇した。

 また、同期間に東南アジア路線は7%から18%に、グアム・ハワイなど大洋州路線は1%から7%にそれぞれ上昇した。

 同社は「米州路線は居住や学業、事業目的で出国する在米同胞、留学生、出張者がほとんどだが、欧州や東南アジア、大洋州は旅行を主な目的として出国する路線だ」と説明した。

 また、新型コロナウイルスワクチンの接種完了者について隔離なしで往来ができる「トラベルバブル」など海外旅行の再開に向けた動きが出ており、11月から韓国で新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」に移行すると発表されたことも影響を及ぼしたようだと分析した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。