Go to Contents Go to Navigation

[韓流]SEVENTEENホシ 出身地に練炭を寄付

記事一覧 2021.11.12 15:07

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、SEVENTEEN(セブンティーン)のメンバー、ホシさんが、ソウル近郊・京畿道南揚州市に暮らす低所得層の人々のために練炭1万個を寄付した。所属事務所のプレディスエンターテインメントが12日、伝えた。

ホシさん(プレディスエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 南揚州市出身のホシさんは、これまで母校に奨学金を寄付したり、社会的弱者のために寄付をしたりしてきた。6月には社会福祉共同募金会の高額寄付者の集まり「オナー・ソサエティー」に加入している。

 南揚州市福祉財団のウ・サンヒョン代表理事は「寒い冬を前に、練炭が欠かせない社会的弱者の役に立つだろう」とし、「恵まれない隣人に関心を持ち続け、分かち合いを実践しているホシさんに感謝する」と話した。

 一方、SEVENTEENは今月14日と21日にオンラインコンサートを開催する。14日は「POWER」、21日は「LOVE」をテーマにステージを繰り広げる予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。