Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(11月12日)

◇新規コロナ感染者2368人 重症者が3日連続で過去最多

 中央防疫対策本部は12日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から2368人増え、累計39万719人になったと発表した。市中感染が2358人、海外からの入国者の感染が10人。1日当たりの新規感染者数は前日(2520人)より152人少ないが、3日連続で2000人を超えた。重篤・重症患者は前日から2人増の475人となり、3日連続で過去最多を更新した。

ソウルの松坡区保健所に設置された新型コロナウイルスの検査所で順番を待つ市民たち=11日、ソウル(聯合ニュース)

◇「コロナワクチン安全性委員会」発足 副反応との因果関係など研究

 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応について集中的に調査し、ワクチンの安全性を検討する「新型コロナウイルスワクチン安全性委員会」が発足した。同委員会は記者会見で「ワクチンの接種と国内での副反応の事例との因果関係を評価する科学的な基準を設ける」とし、「海外での副反応の調査や研究状況などを基にワクチンの安全性を検討し、社会的な不安を解消する」と説明した。

◇首相「深く謝罪」 11人で会食し防疫措置に違反

 金富謙(キム・ブギョム)首相は新型コロナウイルスの防疫措置に違反して11人による食事会に出席したことについて、「経緯はどうであれ、防疫措置に違反したのは事実」として、「深く謝罪する」と述べた。金首相は6日に公邸で大学の同級生ら10人と昼食会を行ったことが報道で明らかになった。金首相を含めると計11人で、10人までとなっている私的な集まりの人数制限を超えていた。

◇都市開発不正疑惑 特別検察官による捜査は検察の後

 ソウル近郊・京畿道城南市の大庄洞開発事業を巡る不正疑惑を巡り、与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事が検察の捜査が不十分なら特別検察官による捜査を受け入れる考えを示したことについて、同党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表は「今進められている検察と高位公職者犯罪捜査処(公捜処)の捜査を改めて強調する趣旨」と述べた。また、同党の首席報道官は「検察の捜査結果が出るまで特別検察官(による捜査)はないことを強調したもの」と述べた。同事業は李氏が城南市長を務めた時期に行われ、野党などは李氏本人の関与を追及している。

◇労組全国組織が13日に大規模集会 警察「厳正対応」

 労働組合の全国組織・全国民主労働組合総連盟(民主労総)が13日、ソウル市内で大規模な集会を開く計画を明らかにしたことについて、警察は「数万人が参加する違法集会」として、違法行為の阻止など厳正に対応する方針だ。民主労総は集会の人数制限が499人までに緩和されたことを受け、ソウル都心で499人の20組が70メートルの距離を置いて集まる集会を行うとしている。ソウル市は事実上約1万人が集まる集会と判断し、開催を不許可とした。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。