Go to Contents Go to Navigation

USTR代表が18日訪韓 半導体問題など協議

記事一覧 2021.11.14 11:42

【ソウル聯合ニュース】韓国政府当局は14日、米通商代表部(USTR)のタイ代表が18日に訪韓すると発表した。USTR代表の訪韓は11年ぶりとなる。韓国産業通商資源部の呂翰九(ヨ・ハング)通商交渉本部長らと会談し、半導体のサプライチェーン(供給網)やデジタル貿易に関する協定などについて協議する見通しだ。

先月、イタリア・ソレントで会談した呂翰九氏(左)とタイ氏(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 タイ氏は15日に日本を訪れた後、韓国を訪問する。訪韓後は22日にインドを訪れる。

 韓国政府はタイ氏と半導体サプライチェーンの安定に向けた協力のほか、大規模な対米投資を行った韓国企業に対する米企業と同一のインセンティブの提供、韓国の半導体大手が米側に提供した情報の扱いについて協議する。また、トランプ前政権が発動した米通商拡大法232条に基づく鉄鋼などへの追加関税の扱いについても話し合う見通しだ。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。