Go to Contents Go to Navigation

文大統領が大型FLNGの命名式出席 モザンビークガス田事業に参加

記事一覧 2021.11.15 14:08

【ソウル聯合ニュース】韓国南部の慶尚南道・巨済にある造船大手・サムスン重工業の造船所で15日、アフリカ・モザンビークのガス田事業に参加する浮体式液化天然ガス(LNG)生産・貯蔵設備(FLNG)の命名式が開かれ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領やモザンビークのニュシ大統領らが出席した。

命名式に出席した文大統領(左端)とニュシ大統領(右端)=15日、巨済(聯合ニュース)

 FLNGは海洋ガス田に移動し、海上に浮かんだ状態で天然ガスを採掘・精製し、これをLNGに転換して貯蔵するプラント。海上のLNG生産基地と呼ばれる。

 「Coral―Sul」と命名されたこのFLNGは、世界で4番目に建造された大型FLNG。モザンビークガス田事業に参加する初のFLNGでもある。全長432メートル、全幅66メートル、高さ39メートルで、世界で2番目に大きい。

 同FLNGは、韓国ガス公社が10%を出資するモザンビーク第4海上鉱区で2022年から本格的にLNG生産を開始する計画だ。その後、韓国の年間LNG消費量(20年ベース)の8.5%に相当する約340万トンのLNGを毎年生産することになる。

 サムスン重工業は17年、このFLNGを約25億ドル(現在のレートで約2850億円)で受注していた。

 青瓦台(大統領府)によると、現在までに建造された世界の大型FLNG4隻は全て韓国メーカーが手掛けた。サムスン重工業が3隻、同業大手の大宇造船海洋が1隻を建造した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。