Go to Contents Go to Navigation

韓国・パラオ 「トラベルバブル」の段階的導入で合意

記事一覧 2021.11.16 21:06

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は16日、同部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官とパラオのグスタフ国務相がオンライン会談を行い、新型コロナウイルスワクチンの接種完了者が隔離なしで往来できる「トラベルバブル」を段階的に実施することで合意したと発表した。

パラオのパシフィック航空の航空機(同社フェイスブックより)=(聯合ニュース)

 韓国は現在、サイパン、シンガポールとトラベルバブルの協定を結んでいる。

 両氏は新型コロナ感染拡大以前に毎年1万人以上の韓国人がパラオを訪問するなど、活発だった両国の人的交流を回復させるためにトラベルバブルを段階的に実施することで一致。今後、両国の防疫当局などが細部事項を協議することにした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。