Go to Contents Go to Navigation

韓国・水原市に慰安婦被害者の追悼空間 

記事一覧 2021.11.17 15:50

【水原聯合ニュース】韓国・ソウル近郊の京畿道水原市は17日、旧日本軍の慰安婦被害者、故安点順(アン・ジョムスン)さん(1928~2018)の追悼空間「安点順、記憶の部屋」の開設式と追悼碑の除幕式を開いた。

慰安婦被害者、故安点順さんの追悼空間が水原市家族女性会館に設けられた(同市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国で慰安婦被害者の個人名を冠した追悼空間が設置されたのは初めて。水原市家族女性会館1階に設けられ、安さんの生涯を記憶するとともに、人権活動家として活動した安さんの姿を収めた映像や写真などが展示されている。

 式典には安さんの遺族、廉泰英(ヨム・テヨン)水原市長、市民団体関係者らが出席した。

 安さんは1928年にソウルで生まれ、41年に中国に連れて行かれ慰安婦としての生活を強いられた。46年に帰国し、晩年は水原市で暮らした。93年に慰安婦被害者として登録し、2002年から人権運動家として活動し、自身の被害を証言した。

生前の安さん(資料写真)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。