Go to Contents Go to Navigation

韓国警察トップの独島訪問 今月初めから非公開で推進

記事一覧 2021.11.18 15:17

【ソウル聯合ニュース】韓国警察トップの金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長の独島訪問(16日)が、今月初めから非公開で推進されていたことが、18日分かった。

金昌龍警察庁長=(聯合ニュース)

 警察によると、警察庁はへき地に勤務する隊員を激励するための警備現場の訪問として独島と付近の鬱陵島への訪問を推進した。この過程で、外交部など関係官庁と実務レベルで事前協議を行ったという。

 警察庁長が韓国の領土である独島を訪問するのに、外交部などの許可を受ける必要はない。

 実務協議では金庁長のスケジュールが非公開だったため、特に反対意見はなかったとされる。

 警察側も金庁長が今年5月に黄海の可居島など島しょ地域を訪問した事例を挙げ、現場訪問であることを強調したという。

 警察トップが独島を訪問したのは、2009年以来12年ぶり。

 これに先立ち、先月21日の「第76周年警察の日」には李永相(イ・ヨンサン)慶尚北道警察庁長が独島を訪問して警備隊員らを激励し、メディアでも報道された。

 一方、現職の警察庁長である金氏の独島訪問は前日の15日から報じられ、海外メディアにも注目された。

 警察は金氏の訪問について、軍の代わりに警察で勤務する義務警察が23年に廃止されるのに伴い、今年初めに独島警備隊が全員一般警察に交代したことから、警察トップが現場の警備隊員を激励し、海洋境界科学化事業の進行状況を点検するための訪問だと説明した。

 だが、独島訪問当日の16日午後に日本政府の松野博一官房長官と林芳正外相が韓国政府に強く抗議。米国での韓米日外務次官協議後に予定されていた共同記者会見は取りやめになった。

 警察は公式の立場を発表しておらず、現場の隊員を激励する目的だったという訪問趣旨を強調するのに注力している。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。