Go to Contents Go to Navigation

犬の食用禁止問題 社会的合意に向け政府が計画発表へ

記事一覧 2021.11.18 15:23

【ソウル聯合ニュース】韓国で犬の食用問題を巡り、政府が25日に金富謙(キム・ブギョム)首相の主宰で開かれる国政懸案点検調整会議で「犬の食用問題解決のための議論推進計画」を上程し、同問題に関する議論を本格化させる。国務調整室が18日、明らかにした。

2日、ソウル都心の光化門広場付近で大統領選候補に対し、犬の食用禁止などを公約に掲げるよう求めるパフォーマンスを行う市民団体メンバー=(聯合ニュース)

 政府は先月から関係官庁の協議を進め、同問題について社会的な合意に基づいて判断する方針を決めた。どのような手続きを経て社会的な合意を得るかについては25日の会議後に発表する。

 韓国で犬の食用問題は長年にわたり社会的な議論の的となっていたが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今年9月、「犬の食用禁止を慎重に検討する時期」との考えを示し、議論が加速している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。