Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(11月18日)

◇新規コロナ感染者が過去最多3292人 重症者506人

 中央防疫対策本部は18日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から3292人増え、累計40万6065人になったと発表した。市中感染が3272人、海外からの入国者の感染が20人。1日当たりの新規感染者数は前日(3187人)より105人増え、過去最多を更新した。重篤・重症患者数も506人と高止まりの状態が続いている。

新型コロナウイルスの検査を待つ人々(資料写真)=(聯合ニュース)

◇与党「共に民主党」 与党系「開かれた民主党」と合併協議へ

 与党「共に民主党」は与党系「開かれた民主党」との合併に向けた協議を正式にスタートした。共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表は17日、開かれた民主党の崔康旭(チェ・ガンウク)代表と合併を進めることで合意した。今後、交渉団を通じて合併の時期や方式について議論を進める方針だ。

◇野党大統領選候補の秘書室長 党事務総長に任命

 保守系最大野党「国民の力」の大統領選候補、尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長の最側近とされ、秘書室長を務めてきた権性東(クォン・ソンドン)国会議員が党事務総長に正式に任命された。党最高委員会が満場一致で議決した。事務総長は党の財政と人事権を統括し、強力な権限を持つ。

◇大統領選支持率 与野党候補の差が1ポイントに縮小

 世論調査会社4社が発表した来年3月の大統領選候補の支持率は国民の力の尹錫悦前検事総長が前週より3ポイント下落の36%、共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事が3ポイント上昇の35%となり、両氏の差が1ポイントに縮まった。大統領選で「国政運営に対する審判のため野党候補に投票すべき」との回答は47%、「安定的な国政運営のため与党候補に投票すべき」は41%となり、その差は6ポイントとなった。今月4日に発表した調査での差は20ポイント、11日の調査では13ポイントだった。

◇家計所得8%増 過去最大の伸び

 統計庁が発表した7~9月期の家計動向調査によると、全国の月平均の世帯所得は472万9000ウォン(約46万円)で、前年同期比8.0%増加した。増加率は同様の統計を取り始めた2006年以来最大となった。勤労所得と事業所得が同時に増え、新型コロナウイルス対策の国民支援金など外部移転所得も大きく伸びた。ただ、自営業者や小規模事業者らの事業所得増加率は相対的に低かった。

◇日本の韓米日共同会見欠席 韓国大統領府「極めて異例」

 青瓦台(大統領府)高官は、日本が韓国警察トップの金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長による独島訪問を理由に韓米日外務次官協議後の共同記者会見を欠席したことについて、「独島は歴史的、地理的、国際法的にわれわれの領土であることを改めて強調する」として、「そのような理由で欠席したことが事実なら極めて異例」と記者団に述べた。米国務省は17日(現地時間)、ワシントンで開かれた韓米日外務次官協議後に共同会見を開くとしていたが、急きょ、シャーマン米国務副長官の単独会見に変更した。日本政府の松野博一官房長官は18日の会見で、共同会見を開くことは不適当と判断したと説明した。

◇感染者急増で病床稼働率8割超

 今月から新型コロナウイルスの新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」に移行したのに伴って感染者が急増しており、病床の確保に懸念が生じている。17日時点でソウル市の重篤・重症患者向け病床の稼働率は80.9%を記録した。政府が「段階的な日常生活の回復」を中断する基準として示した75%を上回った。ソウル市の重症患者向け病床(345床)のうち、現在入院可能な病床は残り66床となっている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。